家庭教師で大学受験の「国語」対策!今すぐ実践できる攻略法とは?

  • 国語をどのように勉強したらよいかわからない
  • 大学受験に必要な国語の知識がわからない
  • 家庭教師を利用しようか悩んでいる
  • と悩んでいませんか?

    この記事を読むと、

  • 国語の勉強方法がわかります
  • 大学受験に必要な国語の知識がわかります
  • 家庭教師がおすすめである理由がわかる
  • 「国語」と一括りに言っても、現代文・古文・漢文と種類があります。それぞれの対策をコツをつかまずにやっていては途方に暮れてしまいます。そこでこの記事では、大学受験において利用する方が多い「現代文」と「古文」の勉強法について詳しく説明していきます。

    どのような方法で勉強を進めればよいかわからないという方は、まずはこの記事を一読してみてくださいね。

    ではまずは、現代文の攻略法についてみていきましょう!

    大学受験の肝「現代文」の3つの攻略法とは?

    青空に向かって親指を突き上げている様子

    大学受験の国語の配点として、現代文・古文・漢文の順に高くなっている傾向があります。つまり、現代文を抑えないことには国語の点数アップは難しいということになります。そこで、現代文を攻略するための3つの方法は以下の通りです。

  • 語彙力をつける
  • 読解力をつける
  • 文章の読み方を身につける
  • 当たり前なことだと思われるかもしれません。ですが、基礎をおろそかにしているがゆえに、現代文を苦手意識してしまう方が多いのは事実です。まずは語彙力をつけることについてみていきましょう!

    攻略法1:語彙力をつける

    攻略法その1は、「語彙力をつける」です。特に漢字を勉強しておくことは重要になります。なぜなら、漢字は現代文の問題でも頻出分野だからです。配点は文章題に比べたら少ないですが、受験は1点の差で合否が決まる世界なので侮れません。また、語彙力は普段からわからない単語や言葉を目にし、耳にしたらすぐに調べ自分の知識にすることが大切です。

    漢字の本を1冊買って、とことんやり込むのもおすすめです。

    攻略法2:読解力をつける

    攻略法その2は、「読解力をつける」です。文章に読み慣れておらず苦戦してしまう受験生が多いのが事実です。そこで読解力をつけるために、まずは文章に読み慣れておきましょう。たとえば、同じ単語が出てくるから重要なのではないか、といった仮説を立てながら読み進めることが点数アップの第一歩です。それが多くの場合で当てはまるのであれば、その読み方は正解になります。

    >文章に読み慣れ、自分なりの読解方法を身につけることが大切になります。

    攻略法3:文章の読み方を身につける

    攻略法その3は、「文章の読み方を身につける」です。現代文は評論と小説に分かれています。小説は読みやすくて好きだけれど、評論は苦手と感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方には特に文章の読み方を身につけることがおすすめです。

    たとえば、評論ではあるテーマにおける筆者の主張がはっきりしています。そのことを因果関係や、逆説、対立などを見分けながら読むことで頭の中が整理され、読みやすくなります。

    つまり、やみくもに読むのではなく、筆者が言いたいことはなにかや逆に反対の意見はなにか、などを考えながら読み進めることがおすすめです。

    「古文」を好きになる!3つの攻略法とは?

    ピースを持っている

    大学受験のための古文というと、言葉が慣れていないため「難しい」と敬遠しがちですよね。しかし、特徴を抑えれば苦手なあなたも古文を好きになるはずです。3つの攻略法は以下の通りです。

     
  • 古文単語を覚える
  • 古文の文法を身につける
  • 演習を繰り返す
  • 古文は、現代文と違って暗記することが多い分野です。その分、周りの受験生と差がつきやすくなっています。何が重要なのかを理解することが大事です。まずは、古文単語についてみていきましょう!

    攻略法1:古文単語を覚える

    攻略法その1は、「古文単語を覚える」です。古文でまず初めにつまずいてしまう最大の要因は、圧倒的な単語量の少なさです。単語量がないと古文を読むことは難しくなってしまいます。

    自分が覚えやすい単語帳で繰り返し復習し、徹底的に暗記しましょう!

    攻略法2:古文の文法を身につける

    メモ帳に書き写している様子

    攻略法その2は、「古文の文法を身につける」です。単語に続いて、文法を身につけることも必要です。大学受験では、文法を問うてくる問題が早慶やGMARCHレベルでもよくあります。そのため、文法を覚えておくことで簡単に点数が取れるのです。

    活用方法は一度覚えてしまえば、文章を読む際にも応用できます。早いうちに暗記してしまいましょう

    攻略法3:演習を繰り返す

    攻略法その3は、「演習を繰り返す」です。単語と文法を身につけたら、あとは実践あるのみです。実際に問題を解いてみなければ、どのような手順や聞き方なのか理解することができません。また、古文は現代文と違い、今後新しい長文が生まれることはないです。そのため、より多くの種類の文章を読んでおくことで、本番で出会う確率が上がります

    つまり、多くの問題に触れ、演習を繰り返し「やったことある」状態に持っていけることが重要です。

    大学受験の国語対策に家庭教師がおすすめな3つの理由

    勉強を教えている様子

    大学受験の国語対策には家庭教師がおすすめです。その理由は以下の通りです。

  • マンツーマン指導である
  • 一人一人のペースに合わせて進められる
  • わからない問題はすぐに解決できる
  • 国語に苦手意識があり、丁寧に指導してもらいたいと考えている方は家庭教師がおすすめです。その理由を詳しくみていきましょう!

    理由1:マンツーマン指導である

    理由その1は、「マンツーマン指導である」ことです。マンツーマンであるため、分からないところは適宜聞くことができます。

    わからない場所をそのままにして、その先に進めなくなってしまうことが多いです。しかし、すぐに聞くことができる家庭教師であればその心配はありません。また、勉強の方法など細かいところを気軽に聞くことができます。

    ご自身の進捗状況に合った学習ができるため、家庭教師はおすすめです。

    理由2:一人一人のペースに合わせて進められる

    パソコンとノートを使い、勉強している様子

    理由その2は、「一人一人のペースに合わせて進められる」ことです。苦手な分野に直面した時に、その場でじっくりと問題を解き進められます。集団の塾であればそのまま進んでしまうことも少なくないですが、マンツーマンの家庭教師はそうはなりません。

    ゆっくりと着実に進めていきたいと考えている方は、家庭教師がおすすめです。

    理由3:学習内容の融通が利きやすい

    理由その3は、「学習内容の融通が利きやすい」ことです。家庭教師には、個人で契約する場合と企業と契約する場合があります。どちらの場合であっても、マンツーマン指導であるため、学習の進捗状況や苦手な分野などの教材を選んで指導してもらいやすいです。

    ご自身のペースに合わせてカリキュラムを組んでもらうことで、勉強の遅れやつまずいていた分野を克服することができます。

    大学受験の国語対策には家庭教師がおすすめ!

    大学受験を考えている高校生だけでなく、学校の定期テストでもいい点数を取りたいと考えている高校生の方々。勉強法がわからず悩んでいませんか?自分の力で勉強する以外に、家庭教師に頼るのも一つの方法です。

    おさらいをすると、家庭教師がおすすめな理由は3つありました。

  • マンツーマン指導である
  • 一人一人のペースに合わせて進められる
  • わからない問題はすぐに解決できる
  • 徹底的に国語対策をして、苦手を克服したい、点数を上げたいと考えている方は家庭教師を利用してみてはいかがですか?